So-net無料ブログ作成
検索選択

東京カソード研究所 計画倒産 [経済]

東京カソード研究所が3月14日、東京地裁へ民事再生法の適用をしましたね。まあややこしい言い方ですが、つまりは倒産。この会社は僕の知り合いも勤めている会社だったんで驚きましたよ。まさか倒産するとはって感じ。この東京カソード研究所は今年に入って初めて倒産した上場企業となってしまいました。
この会社は1950年に創業した会社で、TVのブラウン管などに使われているカソード類などで高い評価を得ていました。大手の家電メーカや半導体メーカーなどを相手に取引していて2008年には年間の売上が136億5200万円にも上るという大企業!す、すごい。しかし、リーマン・ショック後、半導体業界自体が低迷、
東日本大震災やタイの洪水の被害で2012年の年間売上は約25億7300万円まで大幅ダウン。32億円の負債を抱えて倒産となってしまったようです。



ですが、この倒産、実は計画倒産だったという噂を耳にしました。というか知り合いから聞きました(笑)計画倒産とはその言葉通り、計画的に倒産すること。まあ僕も詳しくは知らないんですが、多分、経営者が有利になるように計画して、数年単位で倒産を実行していた、ということなんでしょう。まー、僕はそっちの世界には詳しくないんで分からないけど、凄い巧妙な手口があって、倒産したのに社長は金を普通に持ってるという事態もあるとか。悪質なものだと犯罪になるケースもあるそうです。東京カソード研究所の倒産が計画倒産だったのか否か、真実は闇の中へって感じですかねぇ。
それにしても上場企業でも倒産するのかぁって感じですね。それにこの会社、技術力は相当あったらしいです。それなのに倒産(まあ計画倒産かも知れませんが、どっちにしろ切羽詰まってないとやらないでしょうし)。リーマンショックだとか大震災だとかの影響で倒産した会社はこの会社以外にも、それこそ、山のようにあるんでしょう。ああ、怖い(笑)いや、笑えねえ。何が起こるか分からない世の中ですし、常にアンテナを張り巡らせておかないといけませんね。あとはまあアベノミクスに期待しておきましょう。不況を吹っ飛ばしてくれることを祈ってます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。